新型コロナウイルスに関する質問の問い合わせ結果 ①

新型コロナウイルスの感染拡大により、亡くなられた方々に心からお悔やみ申し上げます。また、療養中の方々に関しては一日も早いご快癒をお祈り申し上げます。そして、医療・看護職、介護職をはじめ、生活を守って下さっている皆様に心より感謝申し上げます。

さて、舩後の自宅がある松戸の市民の方から、検査体制などのついての問い合わせを受けました。これを受け、舩後が介助者や秘書を通じ、千葉県の担当部局に質問いたしました。市民の方々への情報共有を兼ねて、以下に主な内容を記載致します。


Q 千葉県内でドライブスルーによるPCR検査を広げないのですか

厚労省事務連絡で、ドライブスルー検査を行うことを認めています。千葉県内では千葉市のみで実施していると聞いていますが、他の自治体では行わないのですか。

A 千葉県からの回答

4月21日現在、千葉県内の1日のPCR検査可能件数は672件となっております。先週(14~17日)の実績は約400件となっており、現状としては検査可能件数の範囲に収まっていると考えております。

ただ、検査実績は3週間前が200件前後、2週間前は300件弱とだんだん増えており、今後の感染者拡大に備えて検査体制拡充の必要があると考えております。ドライブスルー検査についても、市民の方から要望があることも認識しております。検査の場所や人材、資材の確保などの課題はありますが、検討を進めています。

Q ホテルなどを使った軽症者向け病床の確保の準備は進めていますか

他の都道府県では、軽症者や無症状の方向けの病床としてホテルを確保していますが、千葉県内ではどうなっていますか。

A 千葉県からの回答

4月21日現在、成田市のホテルを250室、柏市のホテル56室を確保し、受け入れを始めています。今後は2000室を目標に確保を進めます。

現在県内には、新型コロナウイルスの入院対応可能病床は400床となっています。現時点で中等症以上の方が入院できないという状況にはなっていません。ただそうならないよう、今後、まずは優先して、「入院中で軽症者や症状のない方」にホテルに移って頂くようにしていく予定です。併せて、入院可能病床数についても、850床まで増やすことを目標にしています。

Q 障害者施設や高齢者施設向けの手指消毒用アルコールに関して

障害者施設事業所向けに、手指消毒用アルコールの販売の案内が届きましたが、値段や容量などがバラバラです。どういった基準で案内しているのでしょうか。

※参考 千葉県からの提供資料

千葉県からの提供資料

A 千葉県からの回答

消毒用アルコールについては、事業所の方々などに優先して供給する形になっております。お送りした案内は、消毒用アルコールを迅速に提供することを目的とした一覧表となっています。このため、「どの商品が届くかわからないが、それでも差し支えない事業者の方はお申込み下さい」という条件でご案内しています。迅速にご案内することを目的としていることから、価格や容量などが様々になっていることをご承知おきください。